FC2ブログ

仕事の難しさ

10 30, 2007
最近、気づかされることがある。
それは、お客さまと自分たちの選ぶ写真が
いつも同じではないという事。

「写真」は真(まこと)を写すと書く。
しかしそのままを写して喜んでくれる人ばかりとは限らない。

・・・ある友人の話・・・
上司(女性)の証明写真の受け取りを頼まれ
カメラ屋さんへ取りに行った。
手渡された写真はいつもの上司と違う顔!!!
なぜならそれは修整で手を加えられ過ぎていたからだとか。
しかし上司はそれで良し、だったらしい。

デジタル化が進んで、今ではほとんどのスタジオで
撮ってすぐお客さまに写真を選んでいただくシステムをとっているようだ。当店も同様。

そこで思うのが前記のこと。
もし自分たち(当店)で選ぶとしたら、「こっちだな」という方が選ばれない事が多々ある。
自分たちとしては「こちらの方が上品」だとか、「形がきれい」でも決めるお客さまは違うのだ。
そして、ある程度の修整はどこまでがそのお客さまの範囲なのか。。。
悩むところだ。


・・・写真館は自分の芸術を売る仕事ではない・・・
カメラマンの好みをお客さまに押し売りするのは間違いだと
ある恩師の言葉を思い出した。

いつでも謙虚に、また要望を取り入れ
お客さまが納得した写真を納めたいと改めて感じた月だった。




スポンサーサイト



2 CommentsPosted in 仕事
2 Comments
By こあき11 02, 2007 - URL [ edit ]

「仕事」って難しいよね。
手に職を持ってる訳でもないがいつも悩むよ。
私の天職って何だろうって。。。
たかこさんの仕事は特別な職と思うのなぁ。
これからも良い作品を仕上げてくださいね!
いつか(いつだよ:汗)撮ってもらうわ♪

By たかこ11 03, 2007 - URL [ edit ]

「これが自分の天職」って仕事をしてる人は
一体どれくらいいるんだろう。。。
そう思えるのは幸せだね!

いつでも、こあきさんの写真は撮ってあげますよ☆
まずは証明写真からでも!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム