FC2ブログ

パリ4日目(1/19)

02 01, 2008
天気は晴れ!
ホテルを出てまずはカフェで一杯、パリにいる気分にひたる。。。
ノートルダム寺院

バラ窓で有名なノートルダム大聖堂を通り、セーヌ川を超え対岸のマレ地区へ。
パリ市庁舎の前では青空スケートを楽しむ人々がいた。
ここからバスチーユ広場まで、ゆっくり歩いて30分。
さらにそこから目的地へと、知人の後をノコノコついていく。
知らない場所をただついて行くって結構疲れます。(目的地を知らないから余計に)
途中、活気あふれる市場の中を通り 色とりどりの野菜や花に目をうばわれる。

市場の花屋さん

歩くこと1時間半。
今が旬の生カキが食べれるお店「ル・バロン・ルージュ」へ到着。
ここは地元の人のオアシス、ワイン一杯が激安らしい。
白ワインとカキ、付け合せにパンとバターも付いてくる。
レモンをキュー!っと絞る。
『フランス人はこんな美味しいもの食べてるんか!!!』
私もフランス人になった気でワインを3杯。。。

地元人ご用達の店

もちろんカキもおかわり♪
食べるのに夢中で肝心のカキの写真は無し。


ディナーまでの時間、一度ホテルに戻り着替える。
2つ目のホテル「ホテル ドゥ パンテオン」はフランスっぽい内装に惹かれて決断。

ホテルのラウンジ

かわいらしい部屋

フランスのプチホテルは狭くても統一感があるからか、居心地が良い。

さて、お楽しみのディナーは1区にある「ジェラール・ベッソン」。
知人の元同僚がいてパリ在住10数年、今はこのレストランで働いている。
そして今回もお任せコース。

フォアグラのムースだったか  トリュフとアーティチョーク

シュリンプカクテル  トリュフと入り卵風

羊のお肉  デザート

この他、ホタテの一皿、フォアグラの一皿とボリューム満点!
特にお肉の時のソースが印象的で、「上品な中にコク」を感じ、全てが味わったことのないお料理ばかり・・・。
フランス最後の夜もまた至福の時間となりました。


スポンサーサイト



0 CommentsPosted in リフレッシュ
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム